ハゲを隠す人が見ていて不憫になる。

私はハゲを頑張って隠している人がとっても不憫になってしまいます。

最近ではハゲていても大して気にする人はいなくなってきているような気がしますが、当の本人があまりにも気にしているせいで周りの私たちまで気になって仕方がなくなります。毎日の通勤ラッシュの時に、少しでもハゲを隠そうとしている人達、諦めているのにケアもしていない人達を見ているととても不快になります。

とくにバーコードハゲと呼ばれる人達は今ある毛を必死に伸ばして必死にハゲた頭頂部に乗せていて、先日の強風の日などには髪の位置が少しでもずれないように頭の上に乗せ、しっかりと固めた毛先を押さえつけている姿が見受けられました。

そこまでしなくても…と見ていてとても悲しい気持ちになりました。

最近ではハゲていることを気にして育毛する方もいますし、育毛等を嫌う方はスキンヘッドにされています。

そのように潔くハゲを認めて育毛や脱毛などの決断をする人は清々しいと思うので、是非みなさん自分のハゲを気にせず向き合ってくれたらと思います。

シャンプーだけでもこれほどの育毛に考慮したものがあります→生え際ハゲの高校生が知らなきゃ損するシャンプーの選び方